【住まいサーフィン】年収の高い学区ランキング

ここでは、【住まいサーフィン】年収の高い学区ランキング に関する情報を紹介しています。
今はインターネットで何でも調べることができる時代。
マンションという大きな買物でも、あれこれ調べてみることができます。

マンションの購入を考える時、マンションを売りたい時、
有利な売買をするためには、物件の相場を知るのが一番ですよね。


【住まいサーフィン】は、
マンション購入・売却に本気な方のための無料会員制セカンドオピニオンサイトで、
業界唯一!新築10万戸、中古191万戸の価格情報を無料公開しています。

無料で会員登録でき、利用も無料で、
現在会員19万人が、業界最大級の新築10万戸・中古191万戸のビックデータを利用中!

新築マンション適正価格がわかり、
モデルルームに行かずに価格表がわかるのも魅力かと思います。
また、中古マンションの査定もわかります。

そういったネット情報がない時代にマンション購入した我家、
住宅情報誌をぺらぺらめくってた昔から考えると、ほんと便利な時代になりましたww



さて、マンション購入を考える時、子供のいる家庭では、
小学校区、中学校区の選択も関心が高くなり、
子供の教育環境を考慮すると、教育レベルが高い地域への転居を考え、
それには、学校区が決め手となったりします。

住宅価格と同一学区の平均年収から
年収の高い学区ランキングが出ていて、大変参考になるかと思います。

●千葉県の1位は、千葉市美浜区の打瀬小学校。
再開発や新規開発エリアでは、似たような年収層が集まり、居住者が均一化し、
一帯の平均年収が高くなる傾向があるようです。

●東京都の1位は、港区立南山小学校。
高級マンションが立ち並ぶエリアが学区にあるとのこと。
六本木ヒルズや元麻布ヒルズが含まれるそうで、
関西人の私でも、なるほど!と頷いてしまいました。

●神奈川県の1位は、 川崎市宮前区の宮前平小学校。
国家公務員宿舎や大手企業の社宅があり、世帯年収が高いとのこと。

学区選択制がほとんど採用されていない神奈川県。
小学校の選択肢が少なく、住む場所で学校が決まるので、
マンション購入時にはしっかり検討が必要になるのではないでしょうか。


教育環境が気になる方!
学区内の平均年収を可視化することでマンション選びできるこれら情報は、
会員になることで、より詳細がわかるようになっています。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gakuajisai2009.blog115.fc2.com/tb.php/8647-eb1d48de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック