スマホで、みまもりシステム!

ここでは、スマホで、みまもりシステム! に関する情報を紹介しています。
今後益々進む高齢化。
認知症になる人も増えるようです。


OFF Line社が開発した
認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”をご紹介します。

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。

インターネットを使わなくても利用できるSNS「AirTalk」において、
認知症患者の外出検知・徘徊を見守り位置情報システムで、

これ、世界初だとか!

平成28年4月中旬に行った
金沢市内で大規模実証実験も成功したとのこと。

実証実験を行った「みまもりシステム」は、
スマホアプリ「AirTalk」と近距離無線端末「ビーコン」を利用。

認知症患者がつけた「ビーコン」を、
患者の自宅や、病院、介護事業所に設置した「AirTalk」で常時確認!

在宅、外出の検知を行って、
その情報を家族、ケアマネージャのスマホにリアルタイムに配信!

これ、かなり便利ですねww

そして、外出を検知し、捜索を依頼されると、
地域にいる「AirTalk」ユーザが「ビーコン」とすれ違った場合に、
その位置情報が家族、ケアマネージャに配信され、地図上から確認できます。



認知症患者が一人で勝手に外に出てしまって、
どこでも歩き回ると危険です。

転んでけがをし、寝たきりになっても大変。
寝たきりになると、認知症の症状が進行しますしね。

そんな高齢者を見守るこのシステム、
認知症患者の安全確保と、介護の負担軽減になると思います。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gakuajisai2009.blog115.fc2.com/tb.php/8413-2e929b73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック