【伝統工芸】天草陶器 内田皿山焼

ここでは、【伝統工芸】天草陶器 内田皿山焼 に関する情報を紹介しています。
いろいろ新しくしたくなる新年。
例えば、普段使いの食器とかね!

【伝統工芸】天草陶器 が気になります。


話題の陶磁器!内田皿山焼をご紹介します。



有田焼・伊万里焼同様の原料(白磁)を使った伝統工芸で、
歴史ある熊本の伝統工芸品「天草陶磁器」です。

有田焼、波佐見焼等に次いで
器では日本でも2番目に古い貴重な窯跡で、
なんと!1650年頃に内田皿山焼の磁器が焼かれていたとのこと!

陶石を砕きその粉を練り合わせ焼いた物が磁器で、
高い強度で製品は硬く、仕上がりの色は濁りがなくてきれいなのが特徴です。


歴史ある陶磁器ですが、
サイトを見ると、普段使いの食器も、お手頃価格で揃っていて、
シンプルなのと全てひとつひとつが手作り品ってところに魅力を感じています

手作り品だから、同じものでも焼き具合が違ったり、
愛情のこもったあたたかさを感じると人気なんですって。


また、内田皿山焼は、
藤井フミヤさんら著名人も紹介していて、
BEAMSコラボになるほどの人気だとか。

熊本県のゆるキャラ、くまモン
内田皿山焼とのコラボデザインも!

くまモンマグカップ、くまモン丸皿も扱っています。



名入れも頼めるんですって。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gakuajisai2009.blog115.fc2.com/tb.php/8290-2a2aab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック