話題の陶磁器!内田皿山焼

ここでは、話題の陶磁器!内田皿山焼 に関する情報を紹介しています。
話題の陶磁器!内田皿山焼をご紹介します。



内田皿山焼は、
熊本県天草の、伊万里焼同様の原料(白磁)を使った
歴史ある熊本の伝統工芸品「天草陶磁器」で、

ひとつひとつが全て手作り品で、
愛情のこもったあたたかさを感じると大人気!

展示会で欲しかったあの陶磁器やお皿が工房から丁寧に届きます。

有田焼、波佐見焼等に次いで
器では日本でも2番目に古い貴重な窯跡で、
なんと!1650年頃に内田皿山焼の磁器が焼かれていたそうです。



サイトを見ると、
普段使いできる食器もたくさん!
かわいい子供向けの動物柄から伝統文様の壺まで揃っていました。

私が着目したのは、
カロリー茶碗ハナカタバミ です。



健康管理に便利なカロリー茶碗で、
内線まで軽く盛ると80カロリーになるとのこと。
ご飯の食べすぎ注意!な私が使いたいなぁ~なんて思ってます。
手描きで染付されていて、ほっこり気分になれるお茶碗かも。


内田皿山焼は、全て手づくりの品なので、
ひとつひとつ模様や大きさ、色、形が異なります。
焼成時の状況(気温、湿度、季節など)で、風合いも違ってくるそうです。
同じものがひとつとない!というのも魅力に感じますね!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gakuajisai2009.blog115.fc2.com/tb.php/8219-f97d4a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック