奉納プロジェクションマッピング 版画「希望の船」

ここでは、奉納プロジェクションマッピング 版画「希望の船」 に関する情報を紹介しています。
東日本大震災で全壊した石巻、雄勝町の葉山神社再建を祝う竣工祭で、

地元小学生が作った版画「希望の船」が
奉納プロジェクションマッピングで生中継されます。

震災で全壊した石巻,雄勝町の葉山神社再建を祝う竣工祭で、地元小学生作製の版画「希望の船」を奉納プロジェクションマッピングで生中継。1000年に1度の祭,雄勝に帰ってきた子供達の前で「希望の船」が出航。
~1000年に1度の祭,雄勝に帰ってきた子供達の前で「希望の船」が出航~

版画「希望の船」は,
2012年に雄勝小学校5年生により製作された版画で、

震災の夜,現在の雄勝,輝く未来が表現されています。


プロジェクションマッピングとは、
物体に映像を投影する表現手法のこと。
…イベントなんかでよく使われていますね。


プロジェクションマッピングのテーマは「希望の船」

雄勝に関わっているボランティアさんたちが、
神社完成のお祝いと恩返しを兼ねて奉納されるそうです。

奉納は、9月20日の18時45分からの予定。
USTREAMので中継もあるので、要チェックですね!
当日は、製作に携わった子供達も見に来るようです。


※企画した株式会社Journal Entertainment Tributeは、
過去に、タイドラマ製作プロデュース、完成イベントで、
神輿を製作・運搬・渡御した実績があります。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gakuajisai2009.blog115.fc2.com/tb.php/8121-4d45fe40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック